得するANAマイルの貯め方で上手に毎年旅行をする方法を紹介

得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】

海外旅行

台北(台湾)2泊3日食い倒れ旅行記【2019年1月】

更新日:

台北へ2泊3日で家族旅行へ行ってきました。

SFC修行解脱後、初の海外旅行だったのですがスーパーフライヤーズカードの様々な特典を受けて、さらに素晴らしく快適な家族旅行になりました。

スポンサーリンク

羽田空港国際線ターミナルへ到着

朝はタクシーで羽田空港に向かい搭乗時間の2時間前に到着しました。久しぶりの国際線ターミナルなのでチョットわくわく。o(^▽^)o

この空港の雰囲気って良いですよね!

本屋さんが空いていれば「食べ台湾」を買いに行きたかったんですが、まだ空いてない時間だったし、お腹もすいていたのでスグにチェックインすることにしました。

ビジネスクラスのチェックインカウンターの方がエコノミークラスよりも空いていたので、こちらでチェックイン。

チェックインカウンター前には、下の写真のように利用できる方が明記されていますが、実はANAゴールドカードやANAプレミアムカードの所有者でも利用可能です。カード所有者のみチェックイン可能なのですが、私(プラチナステイタス)、奥様(SFC家族会員)、娘(平会員)でも利用できました。

娘がまだ小学生だからなのか?本会員の私が全ての予約をしているからなのか?よくわかりませんが大丈夫でした!( ̄ー+ ̄)キラリ

ちなみに、エコノミークラスのチェックインカウンターは行列ができていました。

優先保安検査場は同行者1名まで利用可能

SFC(スーパーフライヤーズカード)及びプラチナステイタス以上を所有していると、同行者1名も優先保安検査場も利用できるので、SFCと家族カードがあれば家族4人まで利用できるというのは、とてもありがたい制度です。

サクッと保安検査場を抜けて、初体験の顔認証ゲートで出国審査をしたんですが、これめちゃ早いですね。保安検査場の入り口から出国審査が終わるまで数分で終了です。これは楽ちんです。(^^♪

 

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジで朝食

チェックイン時に案内を受けた、保安検査場を出て左側114番ゲート近くにあるANAラウンジへ直行しました。

4FはANAのラウンジ、5FはJALのサクララウンジ、6Fはキャセイパシフィックのラウンジがありました。

こちら側の(114番ゲート近く)ANAラウンジの入り口は明るい雰囲気でした。

コチラのラウンジの方が、前回の旅行で利用したラウンジ(110番ゲート近く)よりも狭い印象を受けました。実際はどうなんでしょう?

フード類をちょこっと頂き、スパークリングワインを飲んで、やっぱり締めはヌードルで。

カレーそば

とんこつラーメン

ANAのチキンカレー

機内食もあるし、もう食べるのやめよう。と思ったのに、追加でカレーを食べてしまった…ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

NH851 羽田空港⇒台湾(台北松山空港) エコノミークラス

1か月前くらいに機材変更があり、B787からB767になりました。

優先搭乗で子供は大喜び。その理由はアニメの「スポンジボブ」が見たかったから、早く見られるのが嬉しいらしいです。

まぁ、喜んでもらえるなら何でも良いんですけどね…

エコノミークラスなのに、CAさんから「〇〇様、いつもご利用ありがとうございます。」と、ご挨拶がありました。ちょっとビックリしました。Σ(・ω・ノ)ノ!

これってプラチナステイタスだから?って思ったんですが、帰りの便ではそのようなご挨拶は無かったので、担当されるCAさんで違いがあるのかもしれません。

歌舞伎仕様の機内安全ビデオを始めて見ました。これが意外と面白くてちゃんと全部見てしまいました(笑)

 

羽田発、台北松山空港行きの機内食

豆乳を使ったコーンスープの紹介とドリンクメニュー

角ハイボールが路線限定ドリンク(東アジアおよびマニラ路線)で用意されていました。

1月の羽田発、台北松山行きの機内食は、和食「天玉丼」、洋食「ビーフシチュー&とろとろ玉子のオムライス」でした。

私は和食をチョイス。食後にコーンスープを頼んでみましたが、めっちゃ甘くて娘に押し付けました(>人<;)

和食 天玉丼

洋食 ビーフシチュー&とろとろ玉子のオムライス

ラウンジでいっぱい食べたのに、結局またいっぱい食べてしまいました。(;・∀・)

 

子供がもらったおもちゃ

ボーイング787のトランプと、絵合わせゲームをもらいました。

両方ともホテルで子供と遊ぶのに活躍しました!

 

台北松山空港へ到着!

定刻通りに台北松山空港へ到着。こじんまりとした空港で、特に何もなく空港を出ました。

SFC修行のおかげで、預けた荷物がすぐに出てきました。旅行の限られた時間の中で待ち時間を少なくできるって本当にありがたい。

 

両替は台北松山空港の方がお得でした。

まず最初に両替をしたのですが、レート表を見ると台北松山空港では「JPY3.64」となっています。日本の空港で見たレート表では「4.02」なので、台湾の空港で両替した方がお得です。

40,000円を台湾元に両替して、10,960台湾元-手数料30台湾元=10,930台湾元になりました。実質1台湾元=3.66円でした。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

 

SIMカードはAmazonで事前に購入

今回は現地でSIMカードを買わずにAmazonで事前に購入してみました。

FAREASTONEという会社のプリペイドSIMカードで、4G データ通信無制限、50台湾元分の無料通話付きで、1枚1,050円でした。

機内でSIMカードを入れ替えて、到着後に機内モードを解除ですぐに使えたので、すごく楽でしたし、通信速度は全く不快感を感じることはありませんでした。、

ちなみに、届いたSIMカードの裏側に現地での電話番号が印刷されたシールが貼ってありました。

子供の迷子などトラブル時には電話番号が役立つかもしれないので、子供に電話番号を教えられる通話付きSIMはオススメです。

たまたま発見しましたが、FAREASTONEは実店舗もあるみたいです。

 

空港からホテルへの移動にUberを利用

空港からホテルへの移動にUberを初めて使ってみました。

タクシーでもMRTでも良かったのですが、Uberを利用してみたかったんですよね。

Uberのアプリを見てみるとホテルまで106台湾元だったので「106元×3.66=388円」3人でこれは安い!Uberで行ってみよう!となりました。

会社の後輩から「台湾は日本語が通じる」と聞いていたので、空港の外を歩いているCAさんに日本語で「Uberのピックアップ場所ってどこですか?」って話しかけてみましたが、全然通じません。騙されました。ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!

とりあえず何とかピックアップ場所を教えてもらいました。この写真の場所「2番」の辺りがピックアップ場所らしいです。

「2番」の入り口の横で待っていると、アプリに表示された車種とナンバーの車が到着。スーツケースをトランクに入れてもらって今回宿泊するホテル「アロフト台北中山」へ向かいました。

Uberは予め乗る場所と降りたい場所をアプリで指定しているので、空港からホテルまでにUberのドライバーさんと話した言葉は、「ハロー!」と「サンキュー♪バイバーイ!」くらいですし、ちゃんとスーツケースも丁寧に扱ってくれます。私は中国語も英語もまともにしゃべれないので、とても楽ちんでした(*'▽')

支払いも事前にアプリに登録したクレジットカードで決済されるのでその場で支払いの必要もない。と、至れり尽くせり。ウーバー最高!!∩,,・д) ワッチョイ

 

アロフト台北中山にチェックイン

今回の台湾旅行で宿泊するホテル「アロフト台北中山」は、MRTの中山國小駅から徒歩2分程度の距離にあるホテルで、とても便利なホテルでした。

今回このホテルをチョイスした理由は、同じ時期に台北に旅行に来ている友達と一緒に食事に行こう!っとなったので、友達が宿泊しているホテル「洛碁大飯店 山水閣」の近くにSPGのホテルがあったのでコチラにしました。

最初は友達と同じホテルにしようかな?っと思っていたのですが、台湾の古いホテルなどは「トイレに紙を流すことはNG、横のゴミ箱に捨てる」と聞き、トイレに紙を流しても大丈夫な「アロフト台北中山」にしました。

ホテルの外観は、周囲の雰囲気とは一線を画すモダンな雰囲気です。

エントランスホールは狭いですが、カラフルで近代的な印象

この日は午後1時過ぎにホテルに到着したのですが、運よくそのままチェックインできました。残念ながらSPGアメックスカードのゴールド会員特典のアップグレードは無し。しかし、SPGゴールド会員特典のレイトチェックアウトは14:00までOKでした。\(^_^)/

宿泊フロアの廊下もちょっと近代的な雰囲気があります。

 

アロフト台北中山 スプラッシュルーム

アロフト台北中山で3人以上宿泊できる部屋は「スプラッシュルーム」と「アーバンルーム」のみ

SPGのポイント宿泊では、スプラッシュルームの予約ができなかったため公式サイトから申し込み、他の旅行サイトなどを確認して「ベストレートギャランティー申請」をしてみたのですが、私の確認が甘かったようで失敗に終わりました。(ノД`)シクシク

クイーンサイズのベッドが2つ

モザイク柄の女性?でしょうか。

きっとモザイク柄の男性なんでしょうけど、何が何やら

ペットボトルは毎日1人1本用意してくれました。台湾は水道水が飲めないと聞いたので、ペットボトルはとても助かりました。♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー

バスタブはむき出しタイプ。バスタブの手前にはシャワーブース、奥にトイレがあるので誰かがバスタブに入っているときにトイレに行く場合には気をつかう設計です(笑)

部屋の窓から見える風景はこんな感じ。

今回宿泊した部屋からの景色は、古い建物ビューでした。( ̄ー ̄)

 

台北1日の昼食は雙城街夜市

アロフト台北中山は、フロントのすぐ横からホテルの裏側に出ることができます。

そこから2分程度歩いたところに雙城街夜市(Shuangcheng St. Night Market)があるので、部屋に荷物を置いてすぐに食べに行きました。ラ━━━━━━ヽ(´∀`ヽ)━━━━━━ン!!!!

まだ昼間なので全てのお店が出ていない様子でしたが、お目当てのお店でランチを頂くことはできました。

麺線です!

大腸麺線(モツ入り麺線)と蚵仔麺線(牡蠣入り麺線)の2種類をオーダー。ウマーい!!!(゚д゚)ウマー

娘はコチラの天津蔥抓餅にハマってました。毎日1回は食べてました。この夜市の蔥抓餅は玉子やコーンやキムチなど色々とトッピングも選べて楽しかったです。

 

東門駅・永康街(Dongmen Station・Yongkang St.)へ

食後は「東門站・永康街」へ行ってみました。

何やら、かわいい雑貨が色々とあるエリアらしい。と奥様が言っていますので、すぐに向かいます。

コンビニでMRTカードを買いたいって話をしたら、10数種類の中から自由に選ばせてくれました。上の写真をLINEで友達に送ったら、何そのカード。って返事がきました(笑)日本のSuicaやPASMOも、台湾みたいに選べたら楽しいですね。

 

MRTの東門駅を出て、少し歩くと何やらオシャレな雰囲気のお店が色々とありました。

ウィンドウショッピングを楽しみ、子供用のチャイナドレスを買って、豆乳ソフトクリームを食べたり、パイナップルケーキを買ったりとぶらぶらと楽しみました。

 

台北1日の夕食は、台北で1番大きい夜市「士林夜市」へ

初めて台北に来たのなら一度は行ってみた方が良いと「士林夜市(Shilin Night Market)」に友達と一緒に行って来ました。

MRTの劍潭駅で降りると、多くの人が駅にあふれています。Σ(゚Д゚;エーッ! さすが、台北で一番大きいと言われる夜市です。

常に人で溢れています。

食べ物の夜店だけじゃなく、ゲームなど色々とあって、お祭りみたいな雰囲気でテンション上がります(´∀`∩)↑age↑

とりあえず、色々な食事が楽しめるということで「美食区」に行くことにしました。

色々な料理を出すお店がこの「美食区」に集まっていました。

雰囲気は、シンガポールのホーカーズだったり、沖縄の第一牧志公設市場の2階の様な雰囲気に近いのかな?と思いました。

台湾ビールCLASSICで乾杯!

牡蠣オムレツと水餃子

ルーローハン

小籠包

 

空心菜と豚肉の炒め物

小蟹のから揚げ

 

 

食後は、娘がどうしてもゲームをしたいと言うので、私もダーツのゲームをやってみました。4個の風船を割れば景品がもらえます。大人は6本、子供は8本で100台湾元でした。

思ったより簡単でした。まぁ1回400円弱ですからね。お高いゲームです。

行列のできるフライドチキン屋さん。子供の顔より大きそうな大きさのフライドチキンでした。

 

士林夜市は確かに、1度は行ってみた方が良いと思いました。色々なお店もあって楽しかったです。かなり人が多いので次回は行かないですけど。(゚∀゚)アヒャ

 

台北2日目の朝食は「雙城街夜市」

台北2日目の朝食を求めてホテルからぶらぶらと雙城街夜市へ歩いてきました。

コンビニでお酒を買ったあとぶらぶらしていたら、お店の方に「焼きそばあるよ~美味しいよ~」と呼び止められたので、このお店に決定。

麻油鶏に麺をプラスしたものと鶏肉飯を注文。焼きそばは注文してません。ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

麻油鶏+麺

鶏肉飯&ハイボール

飲み物はセブンイレブンで買ったジンビームハイボールです。

 

全然予想していなかったのですが、台湾で一番きつかったのは、コンビニやレストランで売っているアルコール類がビールばっかりだったことです。

1日目にビールばっかり飲んでいたので、別の飲み物を探し歩いたところ、ホテルのすぐ近くにあるファミリーマートにはビール系ばかり、少し歩いたところにあるセブンイレブンにはハイボールが売っていたので、いつもセブンイレブンにハイボールを買いに行っていました。

この後に娘は、また天津蔥抓餅を食べていました。かなりハマったらしいです。ちなみに、日本に帰ってきてからも「業務スーパー」で売っている「蔥抓餅」にハマっています(笑)

これも、美味しいです。

 

からすみと乾物と黒ゴマ生姜ペーストを求めて「迪化街(Dihua St.)」へ

食後にホテルで少しのんびりしたあとは、ホテルからMRTで最寄りの「中山國小駅」から2駅の「大橋頭駅」まで行き、そこから歩きで「迪化街一段」の通りへ向かいました。

この「迪化街」は、乾物やからすみが安く買えると友達から聞いていたし、近かったので行ってみました。

大橋頭駅側から迪化街一段に入ると、乾物のイメージとは違ってちょっとオシャレな雰囲気があってビックリしましたが、進んでいくと次第に乾物感が漂いまくってきます。

途中、友達お勧めの「黒ゴマ生姜ペースト」を売っているお店で、色々と買ってしまいました。

  • 黒ゴマ生姜ペースト
  • お湯を入れると花が開くお茶
  • ドライマンゴー
  • 青いドライマンゴー

からすみもモチロン購入。安かったのでいっぱい買いました(*'▽')

この乾燥しいたけがスナックみたいで激ウマでした。でも、売ってたお店は覚えてません。(ノ∀`*)ペチ

 

台北2日目の昼食は老牌牛肉拉麵大王で牛肉拉麺と炸醤拉麵

ランチは迪化街一段をずっと歩いていたら「台北車(Taipei Main Station)」近くまで来ていたので、近くにある評判のお店「老牌牛肉拉麵大王」に行ってみました。

ちょっと進むのに勇気が必要な雰囲気の通路をすすんで、お目当てのお店「老牌牛肉拉麵大王」にたどり着きました。

活気がすごいです。

常に店員のお兄さんが大きな声で怒鳴っているので、ちょっと怖い。とりあえず、空いている席に座って店員さんを呼び止めて何とか注文できました。

牛肉拉麺

炸醤拉麵

 

麺はしっかりした太めでスープも美味しかったです。炸醤拉麵はニンニクがたっぷりで超好みでした。(*´∀`*)ポワワ

次は他の麺も食べてみたい。隣の地元の方々は雲呑麺みたいなの食べてて美味しそうだったな~。

この後は、ホテルに戻りお昼寝して夕食に向けてお腹を減らします。(´ぅω・`)

 

台北2日目の夕食は「松江自助火鍋」

2日目の夕食は、火鍋を食べに「松江自助火鍋」へ行きました。

このお店は、ホテルに最寄りの駅「中山國小駅」から1駅の「行天宮駅」で降りて、行天宮に向かって2分程度で到着しました。

お店の前には行列ができていましたが並んでいるとお店の方が来て、日本語で「何人?」と聞かれて「5人」と答えると、手招きされて店内へ。Σ(・ω・ノ)ノ!

なんででしょう?大きいテーブルが空いていたのでしょうか?まぁ、並ばなくてよかったのでラッキーでした。

この火鍋のお店は「自助」と言うだけあって、最初に自分で鍋に入れたい食材をショーケースから選んで鍋にします。さらに、つけダレは下の写真ように自分でお好みのつけダレを作ることができるので、食材×つけダレで無限の組み合わせが楽しめる火鍋でした。

 

隣のテーブルで食事していた地元のお兄さん達が、持ち込んだケーキで誕生日のお祝いをしていたので、私たちも「ハッピーバースデー♪」ってノリノリでお祝いしたら、娘にケーキのお裾分けを頂いてしまいました。(*´ω`*)

このケーキは台湾で有名なケーキなんだよ~ってお兄さんが言っていました。見た目は素朴なケーキでしたが、味は本当に美味しかったです。

ちょっと調べたらすぐに出てきました。

【台北】見た目より味で勝負!台北で絶対食べて欲しい絶品ケーキ - NAVER まとめ
【台北】見た目より味で勝負!台北で絶対食べて欲しい絶品ケーキ - NAVER まとめ

台湾スイーツも良いですが、洋風ケーキも超超おすすめ!ふわふわで本当に「美味!」と思ったものをご紹介します。

続きを見る

 

行天宮を見学

食後に、すぐ隣に「行天宮」があるから見学して行こう!と友達がおススメしてくれたので、見学してきました。

お参りするには、お作法があるので今回は見学のみ。おみくじ?占い?もできるみたいですが、こちらもお作法があるので次回来る時は勉強してからまた来ます。( ー`дー´)キリッ

 

台北3日目、雙連朝市に行ってみました

雙連朝市は、雙連駅から民権西路駅まで続いている朝市ですが、ホテルから歩いても民権西路駅には行けそうだったので、朝の台北を歩いてみました。

台湾の朝はバイクのレースみたいだ。と娘が言っていましたが、本当にそんな感じです。

色々な食材が売られていて、歩いているだけでも楽しいです。

 

台北3日目の朝食は「世紀豆漿大王」で鹹豆漿

雙連駅まで歩いて、駅のすぐ横にある「世紀豆漿大王」で朝食を頂きます。

私は、台湾の朝食は豆乳に揚げパンを浸して食べる。ってイメージがあったのですが、このお店でその朝食に出会う事ができました。

鹹豆漿と油條と肉包

塩味の豆乳に揚げパンを浸して食べるのが、こんなに美味しいとは…驚きです。肉まんも美味しかったです。

食後に、横にある屋台のルーローハンが美味しいよ。っと友達が言っていたので、食べない訳にはいきません。

魯肉飯と魚丸湯

めっちゃ魯肉飯美味しかったです。初日に食べた魯肉飯の数倍美味しかった。

それにして台湾恐ろしい…既に、朝から2食目… ちなみに、この後ホテルに戻ってベッドでダラダラ昼寝している間に、奥様は麺線を一人で食べに行っていました。恐ろしい…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

SPGアメックスカードの特典でレイトチェックアウトできたので、本当にのんびりできて良かったです。(人''▽`)ありがとう☆

 

台北3日目の昼食は「小上海」

ホテルを13:30頃チェックアウトして、Uberで空港に行き、荷物を預けてから歩いて「小上海」に行く予定が、まだ早かったためカウンターがまだオープンしていなかった。(´・ω・`)

スーツケースをガラガラ引きずりながら、小籠包を食べに「小上海」へ行ってきました。

酸辣湯

 

小籠包

蒸しパン

 

肉ちまき

小籠包をおかわり

めちゃくちゃ美味しかった~!美味しすぎて小籠包はおかわりしちゃいました。(*´ω`*)

娘曰く、初日に食べた小籠包の100倍美味しかった。100倍は言い過ぎですが、数十倍美味しかったです。

次回、台北に来たらとりあえず空港から直行で小籠包を食べに来よう!と思いました。( ー`дー´)キリッ

 

台北松山空港でチェックイン

小籠包を食べたあとは、またスーツケースをガラガラ引きずりながら空港へ引き返します。

ビジネスクラスのチェックインカウンターが混んでいたので、エコノミークラスのチェックインカウンターで受付を済ませてからお土産物屋さんを物色しましたが、小さい空港なのでスグに飽きてしまいました。( "・ω・゛)ヨボーン

 

台北松山空港「AIRLINES LOUNGE」

チェックインで受け取ったチケット。台北松山空港のラウンジは「AIRLINES LOUNGE」となっています。

LOUNGE INVITATIONのチケットもあります。同行者分はインビテーションチケットはありませんでしたが、ラウンジに入るときに同行者の情報をチケットに書き込んでいました。

AIRLINE VIP LOUNGEは色々な航空会社との合同ラウンジなんですね。

ラウンジ内はそこそこ混んでいました。

何故か私たちは区切られた部屋へ案内されました。どうして?(。´・ω・)?

さすが台湾のラウンジですね。小籠包や焼売などの点心や、焼きビーフン、カレー、魯肉飯など色々ありました。でも、アルコールはやっぱりビール…(´・ω・`)

お腹いっぱいなのに、ここでも結局食べてしまいました。小籠包を食べてみましたが、小上海の後では美味しく頂けませんでした。

 

NH854便 台湾(台北松山空港)⇒羽田空港 エコノミークラス

帰りの機材はB787だったので、家族3人並んで座れました。行きより帰りのB787の方が広かった気がしますが、実際はどうなんでしょうか。

台湾またね~☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

 

台北松山空港発、羽田行きの機内食

1月の台北松山発、羽田行きの機内食は、和食「白身魚唐揚げ甘酢あんかけ」、洋食「ビーフとポークのハンバーグクリーミーマッシュルームソース」でした。

和食 白身魚唐揚げ甘酢あんかけ

洋食 ビーフとポークのハンバーグクリーミーマッシュルームソース

和食の人気が無かったようで、CAさんが和食をかなりプッシュしていました。

私は和食を食べましたが、娘がチョイスした洋食をちょっともらって食べましたがハンバーグが美味しかったです。

それにしても、食べ過ぎました。

 

台湾2泊3日で食べた回数

  • 1日目、朝食2回、昼食1回、夕食1回
  • 2日目、朝食1回、昼食1回、夕食1回
  • 3日目、朝食2回、昼食2回(奥様3回)、夕食1回

やっぱり食べ過ぎました。帰って体重を計ったら2キロ太ってました。(゚∀゚)アヒャ

でも、また台湾に行って食べまくりたいです( ̄ー ̄)ニヤリ

-海外旅行
-, , , , , , ,

Copyright© 得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】 , 2019 All Rights Reserved.