得するANAマイルの貯め方で上手に毎年旅行をする方法を紹介

得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】

クレジットカード ポイントサイト マイレージ

2018年4月からはソラチカ利用81%でANAマイルに交換

更新日:

ソラチカ利用81%でANAマイルに交換

2018年4月からソラチカカードが改悪となり、今までメトロポイントへの交換が等価で行えていた「.money」「Gポイント」「PeX」「ネットマイル」からメトロポイントへの交換ができなくなります。そのため、90%でANAマイルへ交換可能だったルートが消滅し、LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルのルートが最大の交換ルートとなり交換率は81%となります。

ソラチカの海の向こうへつながる道は少し細くなりましたが、ちゃんとつながっています。

81%の交換ルートの説明、さらなるソラチカルートの改悪の場合のルートについて考えてみました。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

新ソラチカルート(LINEポイントルート)は81%でANAマイルへ交換が可能

2018年4月からは「.money」「Gポイント」「PeX」「ネットマイル」からメトロポイントへの交換ができなくなります。そのため、90%でANAマイルへ交換可能だったルートが消滅し、LINEポイントルートが最大の交換ルートとなり交換率は81%となります。

ソラチカルートの改悪により色々と悲鳴のような声が聞こえてきますが、81%で交換できるのであれば十分満足できるレベルだと思います。

当ブログがおススメしているポイントサイトからのANAマイルへ交換するためのLINEポイントルートは下記の通りです。

GポイントからLINEポイントへの交換には交換手数料5%が必要です。しかし「交換手数料還元サービス」で何か案件(楽天など)を利用すれば5%分は還元されるので実質100%としています。

ハピタスのLINEポイントルート

【ハピタス】→【PeXへ等価交換】→【ワールドポイント(VISA)へ等価交換】→【Gポイントへ等価交換】→【LINEポイントへ実質100%で交換】→【メトロポイントへ90%で交換】→【ANAマイルへ90%で交換】= 交換率81%

ハピタスからソラチカ利用81%でANAマイルに交換

 

ハピタスについては下記の記事をご覧ください。。

ハピタスでANAマイルを貯める陸マイラーの方法とは【最新2018年5月】

  ハピタスはANAマイルを貯めるポイントサイトで陸マイラー人気No.1の人気ポイントサイトです。ハピタスのキャンペーンや効率よくポイントを貯める方法を徹底解説していきたいと思います。 &n ...

続きを見る

 

ちょびリッチのLINEポイントルート

【ちょびリッチ】→【PeXへ等価交換】→【ワールドポイント(VISA)へ等価交換】→【Gポイントへ等価交換】→【LINEポイントへ実質100%で交換】→【メトロポイントへ90%で交換】→【ANAマイルへ90%で交換】= 交換率81%

ちょびリッチからソラチカ利用81%でANAマイルに交換

 

ちょびリッチについては下記の記事をご覧ください。

ちょびリッチでANAマイルを貯める陸マイラーの方法とは【最新2018年5月】

  ちょびリッチはANAマイルを貯めるポイントサイトとしておすすめのポイントサイトです。ちょびリッチで効率よくポイントを貯める方法を徹底解説していきたいと思います。 ちょびリッチはこのサイト ...

続きを見る

 

GポイントのLINEポイントルート

【Gポイント】→【LINEポイントへ実質100%で交換】→【メトロポイントへ90%で交換】→【ANAマイルへ90%で交換】= 交換率81%

Gポイントからソラチカ利用81%でANAマイルに交換

 

Gポイントについては下記の記事をご覧ください。

GポイントでANAマイルを貯める陸マイラーの方法とは【最新2018年5月】

ANAマイルを貯めるポイントサイトとして必須と言える「Gポイント」で効率よくポイントを貯める方法を徹底解説していきたいと思います。 Gポイントはこのサイトから登録!今なら招待ポイントで、もれなく50ポ ...

続きを見る

 

新ソラチカルートを利用する場合のおススメのポイントサイトは、やはりポイント獲得案件の多い「ハピタス」と、JALマイルへも高い交換率で交換可能な「モッピー」の両方をメインとして良いと思います。

ちょびリッチ」はグルメ案件とバイマイルが魅力的です。「Gポイント」もグルメ案件がありますし、今回のLINEポイントルートには必須のポイントサイトなのでもちろん登録は必要です。

 

モッピーは81% or 73.6%でANAマイルへ交換可能+JALマイルへは最大80%で交換可能

モッピーのLINEポイントルート

【モッピー】→【Gポイントへ等価交換】→【LINEポイントへ実質100%で交換】→【メトロポイントへ90%で交換】→【ANAマイルへ90%で交換】= 交換率81%

モッピーからソラチカ利用81%でANAマイルに交換

このルートはかなり良いのではないか?と思っています。

モッピーならJALマイルへの交換も検討できるし、ワールドプレゼントへ交換しなくて良くなったので(2月13日からGポイントへの交換が開始)、その分時間が短縮されました。

もちろん、モッピーも他のポイントサイトと同様に、PeXを経由する81%で交換可能なルートも利用できます。

 

さらにモッピーは、下記のように直接LINEポイントへ交換するルートも存在します。

モッピー直接LINEポイントルート

【モッピー】→【LINEポイントへ90.9%で交換】→【メトロポイントへ90%で交換】→【ANAマイルへ90%で交換】= 交換率73.6%

このルートはあまり利用しないと思われるルートです。モッピーからLINEへの交換率が100%へ変更されれば利用します。

 

モッピーの特別タイアップキャンペーンについては下記の記事をご覧ください。

モッピーでANAマイルを貯める陸マイラーの方法とは【最新2018年5月】タイアップキャンペーン実施中!

  モッピー (moppy)はANAマイルを貯めるポイントサイトとしておすすめの日本最大級のポイントサイトです。モッピーで効率よくポイントを貯める方法を徹底解説していきたいと思います。 20 ...

続きを見る

 

新ソラチカルート「LINEポイントルート」を図解

LINEポイントルートの効率的な交換日程などを図にして分かりやすくしました。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

ANAマイルを貯める必須ポイントサイトの有効期限と効率的な交換期限【最新2018年5月】

マイルを貯める必須ポイントサイトの有効期限や交換ポイントについて注意点をまとめましたので、参考にしてください。 お勧めポイントサイトの交換ポイント上限 ハピタス → PeX 毎月1回、上限30,000 ...

続きを見る

 

ソラチカカードはまだまだ重要

今回のソラチカカードの改悪について妻に説明した際に「じゃあソラチカカードはもう解約していいの?」と言っていましたが、とんでもない!!まだまだソラチカカードが重要である状態は変わりません。

まず、3月31日までにポイントサイトからメトロポイントへの交換申請をすれば、メトロポイントからANAマイルへの交換は90%で可能です。そして4月以降にLINEポイントルート(81%の交換率)を利用するために、ソラチカカードは大活躍します。

もし今から申し込むか考えている場合、私なら迷わず申し込みます。もっと状況が悪くなったら解約すればいいだけですし、それまではガッツリ活用します。

 

ソラチカカードの入会キャンペーンについては下記の記事をご覧ください。。

ANAキャンペーン
ソラチカカード新規入会キャンペーン!【最新2018年5月】最大で19,200マイル獲得のチャンス!

ソラチカカードの新規入会キャンペーンを紹介します。ソラチカカードは陸マイラー必須のクレジットカードです。 2018年4月からメトロポイントへの交換ルートの改悪によりANAマイルへの交換率が81%となっ ...

続きを見る

 

さらなるソラチカルートの改悪があった場合について考える

今後、下記の様な状況になった場合、ポイントサイトに貯まっているポイントをいかに効率よくマイルへ交換するかルートを検討する必要が出てくると共に、ポイントの保存場所にも注意が必要だと思います。

 

LINEポイントルートが完全に終了となってしまった場合

LINEポイントにポイントを貯めておくとLINEポイントから他のポイントへ交換するレートがどのポイントの場合でも90%程度なので損してしまいます。「PeX」か「Gポイント」がポイントの有効期限が長いのでどちらかに貯めておき、毎月20,000ポイントをメトロポイントに移行する分だけLINEポイントに残しておく方が良いかもしれません。

 

交換ルートはどうなるか

現状では、ソラチカルートを利用しない場合のルートは

  • 「nimocaルート」交換率70%(PeX手数料50円必要)
  • 「JRキューポルート」交換率70%
  • 「PeXルート」交換率60%

 

nimocaルートの場合は、交換率70%(PeX手数料50円必要)

「PeX」→「ANA VISA nimoca」→「ANAマイル」

ANA VISA nimocaカードを利用したルートとなりますが、このルートのデメリットは、マイルへ交換できる場所が限定されている。ことと、PeXからnimocaへの交換に手数料が必要ということです。

nimocaのポイント交換機が置いてある「九州地方」「函館」でのみnimocaからANAマイルへ交換が可能となっています。そのため現状では九州の方と函館の方、及び頻繁にどちらかへ出張などで行く方以外はあまりメリットがないかもしれません。

しかし、メリットもあります。nimocaからANAマイルへの交換上限がないので、今までのソラチカルートの月18,000マイルという上限から解放されます。多くポイントを稼ぐ方で、九州や函館での交換が苦でない方にはかなり強烈なルートかもしれません。

必要年会費:マイ・ペイすリボとカードご利用代金WEB明細書サービス利用で、751円(税抜)

 

JRキューポルート場合は、交換率70%

「PeX」→「ワールドポイント(VISA)」→「Gポイント」→「JRキューポ」→「永久不滅ポイント」→「ANAマイル」

このルートを利用する場合は、2枚のクレジットカードが必要となります。「JQセゾンカード」と「みずほマイレージクラブカードANA」です。

メリットは、ソラチカルートより交換期間が短く1か月程度で交換が可能です。さらにクレジットカードの年会費がかからないのでコストでもメリットがあります。デメリットとしては、ANAマイルまでの交換回数が多いので面倒です。

nimocaルートが使えない方はこちらのルートが良いかもしれません。

必要年会費:みずほマイレージクラブカードANAは年会費無料。JQセゾンカードは年に1回でも利用すれば無料となります。

 

PeXルートの場合は、交換率60%

「PeX」→「ワールドポイント(VISA)」→「ANAマイル」

おそらく最後の手段となるルートですね。

 

LINEルートは存続。メトロポイント→ANAマイルへの交換率がダウンした場合

LINEルートが存続されていても、メトロポイントからANAマイルへの交換率が下がってしまった場合、どこまでなら許容できるのかを検討してみました。

 

メトロポイントからANAマイルへの交換率80%へダウンした場合

マイル交換率は72%となります。この場合、ソラチカルートと、nimocaルート、JRキューポルートの併用で良いと思いますが、ソラチカカードは年会費が必要なので解約する方も多くなると思います。

 

メトロポイントからANAマイルへの交換率70%へダウンした場合

マイル交換率は63%となります。ここまで下がってしまったら年会費を払ってまでソラチカカードを保有する意味はないと思います。ANAカードを保有していたい場合、ANA VISAカードにした方が年会費も安くすみます。

 

ANA VISA Suicaカードについては下記をご覧ください。

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカードをお得に申し込む方法とは【最新2018年5月】

ANA VISA Suicaカードは最強のコストパフォーマンスでマイルが貯まるクレジットカードです。では、どこから申し込むのが一番お得なのか?という事ですが、このサイトから申し込みすれば、さらにボーナ ...

続きを見る

 

年会費があがった場合

ここからさらに改悪とするなら、交換率をいじらないで年会費でなんとか勘弁してもらいたいです。

ソラチカルート入口封鎖ではなく、年会費を5,000円とかにしてくれた方がここまで騒ぎが大きくならなくて済んだのでは?と思います。今回の改悪で年間約24,000マイルの差が出てしまったので、私としてはルートを元通りに修正して年会費を上げてほしいです。

 

まとめ

2018年4月からは色々と変化がありますが、依然としてソラチカルートは重要であることが分かりました。

とりあえず今は3月末まで全力でメトロポイントへポイントを移行して今あるポイントは90%でANAマイルへ交換する予定です。しかし、ソラチカカードの改悪が始まった今、何があるか常に注意する必要があると思います。大切なポイントなのでリスク管理してマイルへ交換してください。

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, ポイントサイト, マイレージ
-, , , , , , , ,

Copyright© 得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】 , 2018 All Rights Reserved.