SFC修行 海外旅行

SFC修行【2回目】&シンガポール旅行記 羽田-チャンギ-羽田 2018年3月

更新日:

SFC修行&シンガポール旅行記

SFC修行2回目は、ビジネスクラスでシンガポールへ旅行してきました。初めてビジネスクラスのスタッガードシートや国際線ラウンジも含めてレポートします。

スポンサーリンク

SFC修行3レグ目、NH843便 羽田空港⇒シンガポール(チャンギ空港) ビジネスクラス

SFC修行3レグ目は、SFC修行&海外旅行となりました。

私にとって初のビジネスクラス。国際線のラウンジも初めてですし、スタッガードシートも初めてです。もう2か月前くらいからワクワクしてました。((o(´∀`)o))ワクワク

ビジネスクラスを堪能してやるぜ!!っと気合が入っているので、出発時刻が00:30なのにも関わらず羽田空港に20:00頃には到着しました。早すぎですかね?

SFC修行 ANAビジネスクラス

チェックインカウンターでウキウキしながら写真を撮っていると、奥様がボソッと「恥ずかしい…」と…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そんな私をみて地上係員の方が「写真撮りましょうか~?」と言ってくださったので、チェックインカウンターの前で家族で写真を撮ってもらいました。コレはちょっと私も恥ずかしかった(笑)

搭乗券に「C」と「ANA LOUNGE」と印字されているのを見てテンション上がりました~♪(´∀`∩)↑age↑

SFC修行 ANAラウンジ

この後、いまさらガイドブックを買うと奥様が言い出したので本屋さんへ。このガイドブックって旅行中に見たんでしょうかね?(・・?

早くラウンジへ行きたかったので、さっさと保安検査と出国審査を通りラウンジへ向かいました。

 

羽田空港国内線ターミナル「ANA LOUNGE」へ初潜入

いよいよ国際線のラウンジへ向かいます。

私はワクワクして写真を撮りまくっているのですが、奥様と娘はさっさとエスカレーターを上がって行きます。ずいぶんと温度の差が激しいです。

SFC修行 ANAラウンジ

ラウンジの受付に3~4組ほど並んでいました。

受付をしてシャワーを利用したい旨を伝えると、「現在20名ほどお待ちいただいておりますので、お時間がかかりますけどよろしいでしょうか?」と呼び出しベルを渡されました。ぜ~んぜん大丈夫です!出発まで3時間近くありますから余裕です。

んで、

楽しみにしていたラウンジですが…

激混み!!(@ ̄□ ̄@;)!!この日は祝日前だったからなのかな?7~8割は席が埋まっていました。

混んではいましたが、以外とあっさりテーブル席を確保できたので早速ビールで乾杯してお食事タイム

SFC修行 ANAラウンジの食事 SFC修行 ANAラウンジの食事 SFC修行 ANAラウンジの食事 SFC修行 ANAラウンジの食事

この他にも、カレーやサラダ、サンドイッチやパンなど色々とあったのですが、人がいっぱいいたので写真が撮りずらい。そんな訳で撮るのをやめました。

とんこつラーメンに惹かれたんですが機内で「一風堂のラーメン」を食べる気マンマンだったので、カレーそばにしました。色々と食べましたが、どの料理も美味しかったです♪

 

ビールやワインやウィスキーだけでなく、日本酒も4種類用意されていました。ちなみに奥様は日本酒4種類を全制覇していました( ゚д゚)ポカーン

SFC修行 ANAラウンジのお酒

スパークリングワイン好きの夫婦なので、シャンパンでなくても良いからスパークリングワインは欲しかったなぁ~。と、正直なところ思いましたが、これがSFC取得後はエコノミークラスを利用した場合でも無料で利用できるなんて…

最高じゃないですか。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

 

でも、ラウンジって「しっとりとした大人の雰囲気」をイメージしていたんです。でも正直、ANA LOUNGEは「ANA食堂」って感じでした。まぁ~この雰囲気も嫌いじゃないんですけどね!!子連れですし、逆に気が楽っちゃ楽ですね。(*´∇`*)

 

お腹が満たされたところでタイミングよくシャワーの順番が来ましたので、うきうきシャワータイムです。

当日は朝から仕事へ行きそのまま深夜便でシンガポールへ行くスケジュールだったため、何としてもシャワーを浴びたかった。もちろんブログのネタとして利用したいと思っていたことは否定しません。

SFC修行 ANAラウンジ シャワールーム

こちらは、シャワーブースへの入り口。なんか高級感あります。

SFC修行 ANAラウンジ シャワールーム SFC修行 ANAラウンジ シャワールーム SFC修行 ANAラウンジ シャワールーム

20人待ちと言っていたので、とても混雑していたのだと思いますが、水滴一つ残っていないくらい清掃が行き届いていて、とても気持ち良く利用できました。広さも余裕があり機内持ち込み用のスーツケースもおけるラックも用意されていたので着替えも楽でした。

飛行機に乗る前にシャワーを浴びたのは初めてでしたが、コレ。本当に気持ちがいいです。ウチの奥様は「男はいいよね」と言っていました。(m´・ω・`)m ゴメン…

 

ANAビジネスクラスのスタッガードシート初体験

ええぃ!ANAのビジネスクラスは化け物か!!

めっちゃ広い!画面が大きい!シート広い!お隣がとおーい!スリッパふっかふか~!!イヤホンじゃない?ヘッドホンなの!?( ゚Д゚)

SFC修行 スタッガードシート SFC修行 スタッガードシート SFC修行 スタッガードシート SFC修行 ビジネスクラス

またまたバシャバシャ写真を撮っていると、担当のCAの方からご挨拶がありました。

「初めてのビジネスクラスだってバレちゃったかな?」と心の中で思っていましたが、たぶんバレていたと思います。どう見ても他の方々のように余裕がありません。

 

とりあえず落ち着いてシートに座り、メニューを見てまたテンション(´∀`∩)↑age↑

シャンパンがあるじゃないですか!その他も色々!!

とりあえずシャンパンを頂いて、アミューズを頂き、一風堂のラーメンをお願いしました。

もちろん美味しかったんですが、ちょっとしょっぱかったかな?って印象です。機内なので気圧の違いで味覚が変わっているのかもしれませんけど。

あとは、稚加榮の肉まんも食べたかったんですが、眠くて撃沈。いいや。帰りに食べよ~っと。(* ̄- ̄)

と、思っていたのですが、なんと帰りの便には「稚加榮の肉まん」ありませんでした。皆様、肉まんが食べたい場合は行きに食べる事をお勧めします!!

 

到着の1時間半前くらいから機内食として朝食のお時間となりました。今回私が選んだのは和食

昨日あんなに食べたのに完食してしまいました。美味しかったです。ちなみに、次の写真は娘が選んだ洋食です。やっぱり私は和食で正解!

 

シンガポール到着~1日目 サマーパビリオン、RED HOUSE(チリクラブ)、リバークルーズ

定刻より5分早くチャンギ空港へ到着!やっぱりシンガポールは派手ですね~。

シンガポールへ着いてまず最初にやることと言えは、両替とツーリストsimの購入ですよね。ちなみに一緒にシンガポールへ行った友人は何故か日本で両替していて、1$86円で両替していましたが、チャンギ空港で両替した私は1$82円でした。両替はチャンギ空港でする方がお得です。

シンガポール simフリー

今回はターミナル2を出てすぐにある「Travelex」で両替してそのまま「Singtel」のツーリストsim(15$で5日間)を購入するつもりだったのですが、なんと目的のsimが売り切れ。30$のヤツならあると言っていましたが、欲しいのは15$のヤツです。

セブンイレブンで売ってるからそっちで買ってって言われたので、素直に従います。

シンガポール simフリー

送迎のバスに乗って今回の宿泊ホテルのリッツ・カールトン ミレニアへ

私はSPGアメックスカードを持っているので、マリオットのゴールド会員資格も保有しています。マリオットとリッツ・カールトンは公式ページからの予約以外からでもゴールド会員の特典を受けることが可能なので、こちらのホテルでも特典を利用できるといいな~と期待していたのですが、「リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」はポイントプログラムには参加していないため、特典やポイントの付与は不可。ということでした。Σ(゚д゚lll)ガーン

リワードポイントの宿泊にこのホテルが該当しなかったので、なんでなのかなぁ~とは思っていましたが、そういうことなんですね~残念です。レイトチェックアウトしたかった…

シンガポール リッツ・カールトン

とりあえずホテルに着いたので、荷物を預けてセブンイレブンへsimを購入しに向かいます。

リッツ・カールトンはすぐ横に、マリーナ・スクウェア(Marina Square)とミレニア・ウォーク(Millenia Walk)というショッピングモールがあって、何をするにも便利なホテルです。マリーナベイサンズなんかより圧倒的におすすめです。セブンイレブンはマリーナ・スクウェアの1階にあります。

セブンイレブンで購入できたのは「singtel」ではなく「M1」の「Mカード」でした。これを私と奥様の分で2個購入。

シンガポール simフリー

よくわからないのですが、私のiPhoneではsimを差してからアクティベーションが必要でしたが、奥様のiPhoneはsimを差しただけで使用できました。iOSのバージョンの差かな?

今日はリッツ・カールトンでランチの予約をしているので、ホテルのプールでヒマつぶし。

シンガポール リッツ・カールトン シンガポール リッツ・カールトン

まだ朝も早めの時間だったので、プールは空いていました。

リッツ・カールトンのプールでガチ泳ぎする娘達(;・∀・)

 

ミシュラン一つ星のダイニング「サマーパビリオン」でランチ

以前から行ってみたかった「サマーパビリオン」へ行ってきました!!

シンガポール サマーパビリオン

ダイニング「コロニー」の横にあり、高級感漂うエントランス。前から一度入ってみたかったんですよね~((o(´∀`)o))ワクワク

階段を上がったところにあるレセプションの横には、ミシュラン一つ星の証明書?がありました。

シンガポール サマーパビリオン

さすが、ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールのメインダイニング。店内が美しい。私なんかが入ってはいけない空間だったかもしれません。

シンガポール サマーパビリオン

リチャード・ジノリのショープレートが素敵です。

メニューは中国語で書いてあるので何がなんだかわからないし高級で怖いので、とりあえず1番お安い58$のランチコースをお願いしました。メニューの写真を撮り忘れたので、写真でなんとなく想像してください。(m´・ω・`)m ゴメン…

シンガポール サマーパビリオン シンガポール サマーパビリオンシンガポール サマーパビリオンシンガポール サマーパビリオンシンガポール サマーパビリオン

もちろん料理を出してくれるときに英語で説明はしてもらえますので、中国語が分からなくても大丈夫です。ご安心ください。

ちなみに、私は英語で説明されても全然わかりません..._φ(゚∀゚ )アヒャ

お味は美味しかったです。高級な雰囲気と相まって高級な味がしました(笑)。ビールを飲んだり中国茶を飲んだりしていたので、1人7,500円くらいでした。さすがミシュラン一つ星のレストランです。

 

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール サマーパビリオンの公式ページはこちら http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/singapore/dining

 

シティービューのお部屋 デラックス・カランルーム

リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールは、マリーナベイサンズ側のベイビューとサンテックシティ側のシティービューがあります。今回はシティービューのお部屋でした。

シンガポール リッツ・カールトン シンガポール リッツ・カールトン シンガポール リッツ・カールトン シンガポール リッツ・カールトン

シンガポール リッツ・カールトン

やはりこの8角形の窓のバスルームが特徴的ですね!バスローブはありますがパジャマはありません。パジャマが必要な場合は持って行きましょう!

シティービューのお部屋は初めて泊まりましたが、やはりベイビューがいいなと思いました。ちなみに以前に宿泊した時のベイビューの部屋からの風景はこんな感じです。

シンガポール リッツ・カールトン

ベイビュー素敵ですよね。この風景を見ながらお風呂に入っていると、とてもリッチな気分になれます。

 

RED HOUSEでチリクラブ&シーフード

夕食はプリンセプ・ストリートにある「RED HOUSE」でお食事

今回のシンガポール旅行はANAのマイレージ会員限定ツアーだったので、夕食とナイトツアー?が付いているらしく強制的に夕食のお店とメニューは決まっていました。

あとは写真を撮り忘れてしましましたが、中華風コーンスープとチャーハンとデザートでした。

おそらくツアー客向けのメニューだと思うのでしょうがないですが、今まで食べたチリクラブの中では一番しょぼかったです。カニの身が小さすぎてほじくって、ほじくって、ほじくりまくって食べる感じです。残念。

 

クラークキーからマリーナベイサンズまでリバークルーズ

この観光ツアーで一番良かったのはこの「リバークルーズ」です!

クラークキーからマリーナベイサンズまでを船に乗って移動するのですが、今までとは違う視点で様々な風景が見られるし、景色も美しかったです。

明かりがともり始めたシンガポールのクラークキーからマーライオンパークを通りマリーナベイサンズなど川から眺められるこの「リバークルーズ」はおすすめです。クラークキーは飲食店がいっぱいあって雰囲気もとても良かったので、次回来るときは逆のルートで最後にクラークキーで食事するのも楽しそう♪

本当はこのあと、マリーナベイサンズの前で行われる噴水ショーを見てからマリーナベイサンズの屋上にある「スパゴ(SPAGO)」で1杯飲み、マーライオンパークへ移動して、その後やっとホテルへ帰る。というツアー内容だったのですが、そんなに色々と連れまわされるのは正直イヤだったのでショーとマーライオンパークはキャンセル。「スパゴ」で飲んでホテルへ帰ることにしました。

スパゴは賑わっていて雰囲気も良かったですが、暗いし子連れはちょっと向かないと感じました。(-ω-;)ウーン

スパゴからは「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のライトアップも見えました。

 

シンガポール2日目 リッツ・カールトンの朝食、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク、富の噴水

リッツ・カールトンのシティービューの朝の風景。シンガポールは朝6時30分ではまだ真っ暗。この写真は7時頃に撮影しました。

今日は1日ウォーターパークで遊び倒す!と娘が宣言しています。恐ろしいです。私の体力がもちません。

 

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールの朝食

私はいつもリッツ・カールトンの朝食を楽しみにしています。種類が多くてワクワクするから好きです。(。・ω・。)ノ♡

エリアごとに色々な料理が配置されていて、どれも美味しく、配置も美しい。

もちろんオムレツを作ってくれるところもありますし、ヌードルカウンターもあります。サンドイッチのエリアではエッグベネディクトも作ってくれます。旅行の朝食ってついつい食べすぎちゃうんすよね~(*'▽')

 

MRTに乗ってセントーサ島 アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークへ

地下鉄でウォーターフロント駅まで行き、そこからセントーサエクスプレスでセントーサ島へ入ります。

まず目に入るのはやはり「ユニバーサルスタジオ・シンガポール」ですね。

娘は「え~プールじゃなくてユニバーサルスタジオがいい~。って言いだしました」イヤです。ユニバーサルスタジオは暑いです。ι(´Д`υ)アツィー

ユニバーサルスタジオを背にして歩いていくと、入口が見えました!

って思ったら、ここは水族館「シー・アクアリウム」の入口みたいです。この右側にチケット売り場があってさらに奥へ行くと、ウォーターパークの入り口があります。

事前にウォーターパークについて色々な方のブログを見ていたのですが、早く行って無料のビーチチェアを確保していても、人が使っていなければ問答無用で人のタオルの上に誰か座っている。という状況が普通にある。というブログを見て、私はそういうの気になるタイプなので、それはイヤだなぁ~と思って、今回は有料の休憩所「カバナ」を借りることにしました。

カバナを借りる場合、ウォーターパークのエントランスを入ってすぐ左側にチケット売り場のようなところがあるので、そこで申し込みができます。

カバナは、メインエリアの波のプールの真横にあるシャワー付きのちょっとお高いカバナ、ちょっとメインエリアから離れたカバナの2種類があります。今回は何をとち狂ったのか、メインエリアのちょっとお高いカバナを借りてしまいました。

この波の出るプールの左奥に見えるのが、そのカバナです。

今回借りたのは、一番左の「Aのカバナ」カーテンを閉めると意外と中は見えません。中から外は見えます。

カーテンを開くとこんな感じ。ベッドとチェアとセキュリティBOXがあり、天井にはシーリングファンがあります。

カバナの奥のカーテンを開けると、シャワーがあります。しかも、ちゃんと温水にできます。

実際に利用してみるとカバナ内はシーリングファンとカーテンのおかげなのか快適でした。我が家はオープンから17時頃まで遊び倒したしちょっとお高かったけど、一日中利用するのであれば悪くないと思います。

我が家は3人で利用していたので割高ですが、他の利用者の方々は5~7人くらいで利用されているところもあったので、大人数の方がコスパは良いですね♪

ウォーターパーク内は上の写真の様なアスレチックやウォータースライダー、流れるプールなど色々あって1日遊べます。

ちなみに、レインボーリーフというお魚がいっぱいいる水槽内をシュノーケリングできるプールもあるのですが…冷たかった…。しかも、潜った瞬間に大きい魚がいっぱいで正直ビビりました…ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

 

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの公式ページはこちら http://www.resortsworldsentosa.jp/Attractions/AdventureCoveWaterpark.html

 

シンガポールのパワースポット「富の噴水」で金運アップ!

プールからホテルへ戻ってから、歩いてサンテックシティに夕飯を食べに向かったのですが、ちょうどシンガポールのパワースポットで有名な「富の噴水」に触れる時間でした!

初めてシンガポールに行ったときにガイドのおばちゃんが言っていたのですが、シンガポールは風水を基に設計されている建物やデザインが多いらしく、この「富の噴水」のあるサンテックシティ全体が風水デザインらしいです。

富の噴水を中心として5本のビルが建っているのですが、この5本のビルが「手の指」をイメージしていて、パワーが集まる「手のひらの部分」がこの「富の噴水」となり、強力なパワースポットとなっている。らしいです。信じるか信じないかはあなた次第です。Σ(`Д´ )マヂデスカ!?

噴水の中心部へ入り、この写真のように右手を噴水に当てながら願い事を思い浮かべながら噴水の周りを3週します。

噴水に触れる時間帯は、10:00~12:00、14:00~16:00、18:00~19:30でした。

ちなみに、通常の時間はこのように周囲が水に囲まれていて噴水に近づくことはできません。

 

シンガポール3日目 チンホアで点心、ノー・サインボード・シーフードでチリクラブ

3日目は、朝からホテルのプールで泳いで、お昼からはオーチャード駅とサマセット駅まで出かけてショッピングです。

 

オーチャードのチンホア(京華小吃)でランチ

ランチはオーチャード駅から少し歩いたところにある「チンホア」へ、小籠包と餃子を食べに来ました。

パレルネッサンスというショッピングモール内にあるのですが、本店とは違うモダンな雰囲気です。

1枚目の写真が小籠包、2枚目の写真が中華風ピザ、3枚目の写真がローストダック。どの料理も大好きです。(。・ω・。)ノ♡ 特に、中華風ピザが私はお気に入りです!!

 

この日は、両足のふくらはぎが筋肉痛という謎の状況で、その後5時間ほど歩き周り女性陣のショッピングが終了。ふくらはぎパンッパンですよ~(´;ω;`)ウッ…

 

ノー・サインボード・シーフード(無招牌海鮮)でチリクラブ

夕食は、エスプラネードにある「ノー・サインボード・シーフード」でディナー。友人家族の希望でこちらのお店に決定!

1日目のRED HOUSEのチリクラブが残念すぎたので、仕切り直しですヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!

ガーリックバタースチームシュリンプとアラスカ産チリクラブ。こちらのお店のチリクラブは美味しいんですけど、上品なお味でお高いんですよね~。私個人的にはジャンボのチリクラブの方がジャンク感があってが好みです。

最後には、ライスを頼んで残ったチリクラブのソースをご飯にかけて食べるスタイルでフィニッシュ!!ごちそうさまでした。

 

こちらのお店はベイエリアにあって店の外からは素晴らしい風景が見ることができます。

店内で食事していたのですが、夜はちょうどよい気候だったので外のテラスで食事した方が景色も眺められて良かったかも。次回もし行くことがあったらテラスで食事にしよう…だぶん行かないけど。

 

シンガポール4日目(最終日) ウィーナムキーでチキンライス、チフリーラウンジでアフタヌーンティー

ついに最終日。まだチキンライスとバクテーが食べられていないという深刻な事態です。

とりあえずホテルの朝食は食べたいので軽めに食べて、お昼にマリーナスクウェアのウィーナムキーでチキンライスを食べることに決定。その後4時頃からはホテルでアフタヌーンティーの予約をしているので、バクテーを食べる時間とお腹に余裕がないという危機的状況にあります。

しかし、やっぱり朝食をいっぱい食べてしまいました…ドン( ゚д゚)マイ

今日は14:00にチェックアウトなので、それまではホテルのプールで泳いでお腹を減らすしかありません。娘とプールで昼まで遊び、お腹も減ってきたのでウィーナムキーへ

 

ウィーナムキー(威南記)でチキンライス

マリーナスクウェアのウィーナムキー(威南記)はフードコートへ向かうエスカレーターを上ってすぐ左にあります。

ちょうどお昼だったことと、この日は土曜日だったので店内は込み合っていました。

チキンライスのスチームとローストの2種類と、チキンヌードルのソイソースを注文。

やっぱりチキンライス美味しかった~。しかも安い。確か3人で15$くらいでした。

しかし、またお腹がいっぱいになってしまった…

お土産を買って~ホテルに戻って~チェックアウトして~と思って歩いていたら、すごい雨降ってます。これが噂のスコールってやつですね?

初めて見ましたがすごいですね。ぐわぁぁ~~って大量に降って、30分くらいで止んでました。

チェックアウト後はアフタヌーンティーまでお散歩してお腹を減らさなければ!!

リッツ・カールトンからマリーナベイサンズへはヘリックスブリッジと言う橋(写真の左に写っている橋)を通って行きます。この写真はヘリックスブリッジの途中にフォトスポットがあるので、そこから撮影した写真です。

この場所はいい写真がとれるポイントだな~と思いました。もっと晴れているときに撮りたかったですけど。

ヘックスブリッジを渡って、マリーナベイサンズのショッピングモールの奥の方に「レイン・オキュルス」と言う、水が天井から落ちてくるアート作品がありました。

これ、ドドドドドドドドドって大量の水が落ちていましたが、船が真横を通ってました。絶対に濡れますよね。でも、どうせこの船に乗るなら水が落ちている時間に乗りたいですけどね。

この周りに席があるレストランは行列ができていました。有名なんですかね?

 

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール チフリーラウンジのアフタヌーンティー

ここからさらにチフリーラウンジでアフタヌーンティーを頂こうとしていますが、なんだか今日はずっと食べている感じです。

土曜日だったため、アフタヌーンティー・ビュッフェでした。

アフタヌーンティーなのに、私はコーヒーをチョイス。だって紅茶よりコーヒーが好きなんです。

紅茶はかなりの多くの種類から選べます。私が分かる紅茶の種類なんて、ダージリンとアールグレイぐらいしか分からないのでコーヒーで良いのですが、紅茶も良い香りがしていましたので、スイーツと紅茶が好きな方は良いかもしれません。

ちなみに、このアフタヌーンティーもツアーのおまけ?で付いていました。

 

SFC修行4レグ目、NH844便 シンガポール(チャンギ空港)⇒羽田空港 ビジネスクラス

さて相当長くなってきたこの記事ですが、いよいよ帰りの便の項となりました。

帰りの空港のお楽しみは、やはり「シルバークリス・ラウンジ」です。

ANAラウンジはSFCカードを保有していれば利用できるラウンジでしたが、こちらはビジネスクラス又はダイヤモンド会員以上でないと利用できないラウンジなのでワクワクです。

ちなみに、SFCを取得した場合は「クリスフライヤー・ゴールドラウンジ」が利用可能です。ゴールドなのにシルバーの方が上のようです。不思議です。

さすが、シンガポール航空が所有している上級ラウンジと言った感じでしょうか。広さは羽田空港のANAラウンジの方が広いと思いますが、しっとりとした大人の空間といった雰囲気です。

シャンパンが用意されています。シャンパンは本当にうれしいです~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

もちろん白ワインも赤ワインもタイガービールもウィスキーもよりどりみどりです!!

ピッカピカのエスプレッソマシン

フードは美味しかったですが、個人的にはANAラウンジの方が好みでした。土地柄なんだと思いますが、ベジタリアン食が多く用意されていました。

シルバークリスラウンジにひょっとしたらバクテーがあるんじゃないか?なんて期待したんですが、やっぱりバクテーはありませんでした。(´・ω・`)

帰りの座席は右側の3H

帰りの便は、行きに見ながら寝てしまった「オリエント急行」を見るぞ!っと意気込み、席に着いてから早々に映画を見始めました。

帰りの便にチョイスしたお食事は、「 洋梨とペコリーノのファゴッティーニ チーズフォンデュとともに」です。

とても美味しかったんですが、ちょーお腹いっぱいになってしまいました。そもそも今日は食べ過ぎているって事にこの時点で気が付きました。

オリエント急行も見終わり、即寝。

朝食は起こしてください。とお願いしていたので起こしてもらいましたが、眠くて起きられる気がしない…

CAさんにまだ1時間30分くらい寝られますよ~と言われたので、とりあえず朝食を食べてまた寝よう。なんて思ったんですが…全然、食欲が出なくて食べられず。

とりあえず撮影した朝食(洋食)の写真です。

一通りちょっとずつ食べて、また寝ました。せめて和食にすればよかった…(m´・ω・`)m ゴメン…

着陸態勢に入る前の機長のアナウンスで目が覚め、窓の外を見ると夜明けの風景でした。到着前には海ほたるも見えました。

 

今回の獲得プレミアムポイントと獲得マイル

  • 東京(羽田)→ シンガポール(チャンギ)  3,877PP 2,897マイル
  • シンガポール(チャンギ)→ 東京(羽田)  3,877PP 2,897マイル

SFC取得まであと、39,806PP

-SFC修行, 海外旅行
-, , , , , ,

Copyright© 得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】 , 2018 All Rights Reserved.