クレジットカード マイレージ

ANA VISA Suicaカードをお得に申し込む方法とは【最新2018年6月】

更新日:

ANA VISA Suicaカードのキャンペーン

ANA VISA Suicaカードは最強のコストパフォーマンスでマイルが貯まるクレジットカードです。では、どこから申し込むのが一番お得なのか?という事ですが、このサイトから申し込みすれば、さらにボーナスマイルが獲得可能です!

ANAマイルを貯める上で最強コスパを誇るこのカードですが、マイル還元率を最大の1.54%にする為にはいくつか条件がありますので、その方法も併せて紹介していきます。

ちなにみ、最強のマイル還元率を誇るカードは、「ANA VISAワイドゴールドカード」です。このカードは最大でマイル還元率が約1.65%まであがります。

スポンサーリンク

そもそも「マイルコスト値」ってなに?

先日書いた記事で、カード費用1円に対して獲得できるマイルを「マイルコスト値」として比較しました。

簡単に説明すると、年会費10000円のクレジットカードで10000マイル取得した場合、10000マイル÷10000円=1.0(マイルコスト値)として、クレジットカードのANAマイル取得に対してのコストパフォーマンスを値で見る為に数値化しました。

詳しくは下記のページをご覧ください。

コストパフォーマンスの高いカード
エクストリームカードが2017年9月で終了。代替えのカードは?

ANAマイルを貯めるクレジットカードの中で年会費無料クレジットカードとして最強だった「エクストリームカード」がついに2017年6月新規入会受付終了してしまいました。 そしてさらに2017年9月からは既 ...

 

ANA VISA Suicaカードのお得な申し込み方法とは

ANA VISA Suicaカード

ANAマイルを貯める上で最強コスパを誇るクレジットカード「ANA VISA Suicaカード」はどこから申し込みをすれば一番得なのか?というと、ポイントサイト「マイ友プログラム」というキャンペーンを利用することです。

2018年6月現在、おススメのポイントサイトからANA VISAカード入会でポイントがもらえます。そしてさらに、当サイトの「マイ友プログラム」を利用してお得に入会してください。

 

ANA VISA Suicaカードの新規入会キャンペーンはこのサイトから

マイ友プログラムとは、マイレージクラブ会員から紹介されてANAカードに新規入会すると特典マイルがもらえるキャンペーンです。

もらえるマイル数は申し込むカードの種類によって違いがあります。「ANA VISA Suicaカード」の場合は、1000マイルもらえます。

本サイトは、ANAカードの新規入会の紹介プログラムに登録している為、本サイトからの紹介でANA VISA Suicaカードへ申し込みをすれば、500マイルのボーナスマイルがもらえます!

ANA VISA Suicaカードの特典

ANA VISA Suicaカードは「ANAカード(一般)」なので、通常ボーナスマイルの1000マイルと、このサイトからの紹介の500マイル。合わせて1500マイルがもらえます。

※対象外となる場合もあります。下記をご参照願います。

※入会者が登録用URLに登録した日から3カ月以内のご入会いただけない場合は、対象外になります。

※入会者が、対象カードに入会されても、登録用URLへの登録がない場合、または入会後に登録された場合は対象外になります。

※マイルのプレゼントは、ANAカード、ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードそれぞれお一人様1回のみ対象になります。

※入会者がすでに、同じ種類のカード会員であった場合は対象外になります。従って、以下の場合は対象になります。

・ANAカード会員が、ANAプリペイドカードまたはANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードに入会した場合

・ANAプリペイドカード会員がANAカードまたはANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードに入会した場合

・ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード会員がANAカードまたはANAプリペイドカードに入会した場合
(ANA一般カード会員が、紹介によりANAゴールドカードに入会しても、同じ「ANAカード」への入会のため、対象外になります)

※入会者が過去に同じ種類のカード会員であった場合は、対象外になります。ただし、退会後6カ月を経過している場合かつ過去に本プログラムでのマイルをお受け取りになられていない場合は対象になります。

ボーナスマイルをもらえるANA VISA Suicaカードの申し込み手順

①まず「マイ友プログラム」のページへ

これからANAカードに入会する場合には、下記のページから下の画像のように入力していただけばマイ友プログラムに登録されます。その後ANA VISA Suicaカードに申し込みすれば特典の500マイルがもらえます。

マイ友プログラム登録ページはコチラ

マイ友プログラムのページの『さっそく登録する』項目のオレンジ色の「登録用ページ」ボタンをクリックして登録ページを開く

ANA VISA Suicaカードへ入会

②紹介者の名前と紹介番号を入力して登録する

紹介者と紹介番号を入力する欄がありますので、下記のように入力します。

ANA VISA Suicaカードへ紹介

紹介者氏名 姓:イデノ  名:トモユキ

紹介番号:00012846

 

この欄の下に、申込者の情報として「あなたの名前」と「あなたの生年月日」を入力して登録します。

登録が終了したら、いよいよANA VISA Suicaカードの申込です。

③ANA VISA Suicaカードへ申し込みをする

マイ友プログラムの登録が済んでいる事を確認し、ポイントサイトからANA VISA Suicaカードへ申し込みをします。

まだポイントサイトへ登録していない方は下記の記事をご覧ください。

 

ANAマイレージ自動移行への参加について

申し込みを進めて行くと、その他の入力と言う項目の中に「ANAマイレージ自動移行への参加」と言う項目がありますが、ここは申し込まないを選択してください。

ワールドプレゼントをマイルに移行する方法は、「応募方式」「自動移行方式」の2種類があります。

応募方式はその名の通り、応募した時に移行する方式です。

自動移行方式はワールドプレゼントポイントを自動でマイルに移行する方式ですが、ANA VISA Suicaカードでこの自動移行にしてしまうと毎年6000円の手数料が自動的に発生してしまいます。

できるだけコストパフォーマンスを上げたいので、ポイント有効期限の2年に1回応募方式でマイルに移行する事をおススメします。

 

マイル還元率を高くする条件

ANA VISA Suicaカードは初年度から還元率は約1.41%にまで達します。その為には下記の2つの条件が必要です。

  1. マイ・ペイすリボの利用
  2. ソラチカルートの利用

①と②の項目を満たせば初年度からマイル還元率は約1.41%になります。もし、年間利用額が300万円を超えると翌年からのマイル還元率は最大約1.53%となります。

しかし、年間300万円を超える場合には、最強のマイル還元率を誇るカードは「ANA VISAワイドゴールドカード」をお勧めします。このカードなら最大でマイル還元率が約1.65%まであがります。

マイ・ペイすリボとは

マイ・ペイすリボはカードの支払いをリボ払いにする事でポイントを2倍(通常のポイントとボーナスポイント合わせて2倍)もらえるという三井住友カード独自のサービスです。

マイ・ペイすリボ

さらに、マイ・ペイすリボとカードご利用代金WEB明細書サービスも利用すれば、カードの年会費2000円→751円になります。

え??支払いをリボ払い??金利(手数料)がとんでもないことになる!!と、思うと思いますが、裏技で金利を抑える方法があります。

マイ・ペイすリボの金利(手数料)を抑える裏技

マイ・ペイすリボで毎月のリボ払いの設定を毎月1万円などの少額にしてしまうと、とんでもない金利(手数料)を払う事になってしまいます。しかし、リボ払いの設定をカード限度額と同じにしてしまえば、すべて一回払いになるため金利は発生しません。これは通常利用している方達が利用している方法です。

今回の「マイ・ペイすリボを利用してボーナスポイントをもらう為には、金利(手数料)を払う必要があります。

マイ・ペイすリボの手数料を最小限にする方法

  1. マイ・ペイすリボのお支払いコース変更で、毎月の支払い金額(元金定額コースの金額)を低めに設定する
  2. 請求金額は確定したら、マイ・ペイすリボの支払い金額変更から臨時増額をする。
  3. もし請求金額がリボの設定(元金定額コースの金額)より少なかった場合、支払いを減額する(金利を発生させる為)

クレジットカードの毎月支払いが平均で30万円だとした場合、リボ払いの設定金額は20万円くらいにしておきます。もっと少なくても良いですが、項目②の臨時増額を忘れてしまった場合の金利がすごいことになってしまうので、大体の毎月の決済額付近を設定すると良いと思います。

毎月25日前後に三井住友カードからANA VISAワイドゴールドカードの請求金額確定メールが送られてきます。そうしたら、三井住友VISA公式ページにアクセス・ログインすると下記の様な臨時増額の申し込み画面になります。

マイペイすリボでお得にマイルを貯める方法

 

次回支払い金額が設定した金額より多い場合は「増額を申しこむ」少なかった場合は「減額を申しこむ」にしてください。ただし、増額は1,000円単位で増額できますが、減額は10,000円単位となってしまう為、マイ・ペイすリボの設定は毎月の予定額の少し少な目を設定するのが良いです

ここでは臨時増額の場合として説明していきます。

マイペイすリボでマイルをお得に貯める方法

ここでは、上の「次回お支払い金額(最低お支払い金額)にご記号の金額を増額する。」にチェックをして、次へ進みます。

 

そうすると、下記の様に現在の支払い予定額と追加お支払い可能額が表示されます。この追加支払い可能額が現在のリボ払い対象額です。

マイペイすリボの支払い設定の方法

臨時増額は1,000円単位で可能なので、7,828円が追加で支払い可能なので7,000円を支払い828円をリボ払い対象として残します。

これで828円に対してのみリボ払いの金利を払えば良いので少しの金利でボーナスポイントが2倍もらえるようになります。

 

臨時増額については、毎月1回の変更しかできません。もし間違えてしまった場合には電話で増額をしましょう!

具体的にどのくらい支払いの残金を残せば良いのか?と、言う事ですが、最小限の手数料にする場合にはカナリ細かく計算をする必要があります。計算が面倒だなぁ。と思う方は、大体毎月1000円~2000円を残す様にすれば大丈夫だと思います。

引き落としの銀行に注意!

臨時増額をするときに気を付けなければならないのが、引き落とし銀行です。下記の表を見て下さい。

マイペイすりぼ銀行

はっきり言って分かりにくいと思いますが、臨時増額するためには、三井住友、ゆうちょ、住信SBI、三菱東京UFJ、りそな、みずほ等々の銀行口座を引き落としの口座にした方が良いです。

三井住友カードからANA VISA Suicaカードの請求金額確定メールが送られてくるのは、毎月25日前後なので、一番下の「上記以外」の銀行口座をカードの支払い口座にしている場合、臨時増額の申込期限が早すぎて、請求金額の確定メールが来てからでは間に合わないという事になってしまいます。

利用するソラチカルートは

通常ポイントはもちろんそのままANAマイルへ交換してください。

ボーナスポイントは「ワールドプレゼント(VISA)」→「Gポイント」→「LINEポイント」→「メトロポイント」→「ANAマイル」が実質81%で交換可能なルートとなります。

GポイントからLINEポイントへの交換には交換手数料5%が必要です。しかし、「交換手数料還元サービス」で何か案件をこなせば5%分は還元されるので実質81%としています。

 

-クレジットカード, マイレージ
-, , , , , , ,

Copyright© 得するANAマイルの貯め方【LOVEマイレージ.com】 , 2018 All Rights Reserved.